母乳が不完全な育児の危険性に関する医者・親への手紙 (Japanese Translation)

同業者および親の方へ
私は元NIH(アメリカ国立衛生研究所)の科学者で、現在はアメリカで救急医を務めるクリスティ・デル・カスティロ・ヘジイと申します。過去にはブラウン大学で新生児における脳損傷の研究を行った経歴を持ち、神経障害を患う6歳の子供の母親です。私の子供は生まれてから数日間、完全母乳で育てる際に母乳量が少なかったことが原因で新生児黄疸、新生児低血糖症および重度の脱水症を引き起こしたことを伝えるため、この文面を書いています。初めての子供が生まれる母親として、妊娠中には母乳に関するすべてのガイドラインを読みました。不運なことに、ガイドラインや小児科医のアドバイスに従った結果、息子は4日間の間に全く母乳を飲むことなくICUでの治療が必要となり、その後には複数の神経発達症を患っていると診断されました。私自身が医者、および科学者という経歴を持っていたこともあり、このような症状を引き起こした原因を知るため論文審査が記された専門誌を探しました。その中で新生児黄疸、脱水症、低血糖症および発達障害には繋がりがある、数多くの証拠が見つかりました。ここに記されている私の考えが、親に発育を委ねる息子や多くの子供に当てはまることが伝えられるよう願っています。

Continue reading